鬼剣士 格闘家女 格闘家男 ガンナー女 ガンナー男 メイジ プリースト シーフ

決闘方式について

決闘場では、決闘部屋を作る事が出来、その部屋の中で対戦を行います。
決闘方式は5種類あり、「個人」、「チーム」、「トーナメント」、「デスマッチ」、「チームデスマッチ」
の中から休戦中に変更することが出来ます。

<個人>
プレイヤーが誰ともチームを組まずに戦う部屋です。
必然的に1vs1vs1vs1vs1等になります。
生き残っているプレイヤーが一人になるか、制限時間が無くなると終了します。

<チーム>
プレイヤーが赤か青のどちらかのチームに分かれて戦う部屋です。
最大4vs4まで可能で、1vs1でも対戦できます。
オブザーバモードでないプレイヤーの数が奇数の場合、スタートすることが出来ません。
赤チームまたは青チームのどちらかが全滅するか、制限時間が無くなると終了します。

<トーナメント>
プレイヤーが赤か青のどちらかのチームに分かれて戦う部屋です。
最大4vs4まで可能で、1vs1でも対戦できます。
チームと違う点は、チームは一斉に4vs4等で対戦するのに対し、トーナメントは1vs1ずつ勝ち抜き方式で対戦していきます。
オブザーバモードでないプレイヤーの数が奇数の場合、スタートすることが出来ません。
対戦スタート前の5秒間の待機期間、及び対戦後の数秒の待機時間に、スペースキーを押す事によって対戦希望者になることが出来ます。そのプレイヤーは優先的に対戦者に選ばれ、同チームで複数いた場合はダイスで決定されます。
勝ち抜きしたプレイヤーは現在減少しているHPに応じて少しHPが回復します。
赤チームまたは青チームのどちらかの生き残りがいなくなると終了します。

<チームデスマッチ>
盗賊のアジトか雪山の追跡マップを選択した場合のみ発生します。
HPが0になっても3秒後に復活可能であり、味方全体で決められた回数分死亡すると敗北です。
なお、デスマッチでのみ決闘経験値の他に普通の経験値も微量入ります。
ステージ選択の欄に4〜8人と書いてあるが、2人でも問題無く試合は出来ます。

<デスマッチ>
上記の両マップで個人の欄を選択すると可能。個人戦のデスマッチVer.。
規定数のKillを一番早く出した人が勝者となります。
通常の個人戦では負けると何も得られませんが、デスマッチなら勝ち点と経験値がもらえます。
多人数デスマッチの勝者になった場合、チームデスマッチよりもらえる経験値が多くなります。